• 歌舞伎 着物
  • 能登上布
  • さくらんぼの実染め
  • 白鷹紬(白鷹お召)
  • 型染を巡る旅

ヨキモノ かわちや一押しの逸品をご紹介致します。

  • 美術工芸啓(ひらく)名古屋帯

    上質なものは飽きが来ないといいますが、飽きがこないというその本当の意味は手に入れる時ではなく、長く使ってみてやっぱりいいものだなと実感した時しかわからないものです。それを証明するエピソードが先日ありましたのでご紹介いたし […]

    美術工芸啓
  • 板締め白鷹お召し(七宝)

    白鷹お召しといえばこの耳に緯糸のループが特徴的。これは板締めという、糸を挟み込んだ板を何層にも重ねそこに染料を流し込んでいく白鷹お召し独特の絣の作り方によるもので、挟み込んだ板の厚み分がループ状に表れてくるのです。 この […]

    白鷹お召し
  • 山崎麻織物工房 能登上布

    7月の中旬に山崎麻織物工房さんを訪れた際、分けて頂いた能登上布。麻の織物は夏の素材としては定番で、最も一般的な麻の着物としては、小千谷縮が有名です。小千谷縮は独特のしぼが特徴的ですが、能登上布は最もシンプルな平織りなので […]

    能登上布
  • 最高級の喪服(伊と幸、石川つづれ、織悦)

    最近、喪主さんの奥様でも着物を着られていないことが多くなってきていますが、本来喪服と留袖は5つ家紋が入ることから既婚女性の第一礼装として冠婚葬祭の大切な場面で着用されてきました。しかしながら近年の需要の低下から黒染め専門 […]

    松岡姫