着物/紬/名古屋帯/和雑貨/かわちや > ヨキモノ

ヨキモノ

  • 江戸更紗『二葉苑』

    江戸更紗『二葉苑』

    2011.11.03

    室町時代にポルトガル、スペイン、オランダなどの南蛮船によってもたらされたといわれる『更紗』。江戸時代に町人の文化と融合し花開くこととなります。京都の川の水が軟水であることから、華やかな色合いが特徴なのに比べ、神田川をはじ […]

  • 松綱 江戸小紋

    江戸小紋『松綱』

    2011.11.03

    江戸時代の武士の裃(かみしも)に柄を付けたのが発祥といわれる江戸小紋。その一番の特徴は、反物一面に散りばめられた白抜きの繊細な柄です。   江戸小紋は着用範囲の広い優れもの 江戸小紋は現在でも無地感覚の着物とし […]

  • 三橋工房半幅帯

    江戸型染め小紋『三橋工房』

    2011.11.03

    < 創業は江戸寛政年間と古く、現在は三橋京子さんが六代目として江戸紅型を始め型染めの伝統技術を継承。代々受け継いできた型紙は20000点以上あるといいます。朴ノ木の一枚板に張られた生地を昔ながらの製法で染めていきま […]

  • 伯兆蒔絵帯留

    蒔絵帯留『伯兆』

    2011.10.19

    蒔絵とは木地に漆や金粉、螺鈿(薄くした貝を小刀などで様々な形にして装飾する方法)を使って文様を描く蒔絵。古くは正倉院の宝物にも蒔絵の技法が見られ、世界でも類を見ない日本独特の伝統工芸です。 かわいくて新しい伯兆さんの蒔絵 […]

  • 水うちわ

    水うちわ 家田紙工

    2011.10.19

    岐阜の風土と美濃和紙の文化に育まれた水うちわ。クーラーも扇風機もなかった時代に水につけて仰ぐと気化熱で涼しくなるという先人の知恵の結晶です。光が透けるほど薄く漉かれた和紙につけられた柄も涼しげで、実用だけではなく、インテ […]