着物/紬/名古屋帯/和雑貨/かわちや > もっと着物を楽しもう! > 大人の女性のための着物着こなし術紬(つむぎ)編

大人の女性のための着物着こなし術紬(つむぎ)編

大人の女性のための着物着こなし術 紬(つむぎ)編

紬紬とは

とは、糸の段階で色々な色に染められ、その糸を組み合わせて織り上げていく着物の事です。反対にやわらか物(留袖、訪問着、小紋、色無地など)は染まっていない糸を白生地に織り、反物の段階で様様な加工を施したものです。

昔は紬を日常着として使っていたため、その土地その土地の風土に合った、様々な織物があります。(代表的なものでは大島紬、結城紬、紅花紬などがあります。)

紬のTPO

 

紬オシャレな大人の女性のアイテムとして、たまには『着物でお出掛け』なんていうのも普段と違った雰囲気を演出できます。紬のTPOとしては、あくまでも普段着なので式事(結婚式、入学式、など)はNG。
同級会や結婚式の二次会(新婦さんの二次会の衣装としても、ウエディングドレスとは、ガラリと雰囲気が変わるのでオススメです。)また、観劇、ショッピング、友人との食事、美術館めぐりなど、正式な場所以外はほとんどすべて着ていくことが出来ます。

 

色柄選びのポイント

 

紬選びのポイントは、好きな色柄を選ぶことです。特に決まりごとなどありませんので、自分らしさを出せるものを選ぶと良いでしょう。初心者の方でどれが似合うかわからない場合、洋装で普段着ている色などを選ぶと、顔映りもよく無難に着こなすことが出来ます。

帯あわせ帯あわせ

紬の着物と合わせる帯は、金糸銀糸の入っていないしゃれ袋帯織りの名古屋帯、しゃれ味のある綴、袋名古屋帯、染め帯などがあります。

友人との会食や観劇、ショッピングなどプライベートで出かける場合、あまり重厚な柄の袋帯を締めるより、さっぱりとした季節感のあるお太鼓柄の名古屋帯半幅帯などと合わせて、気軽に着ていくことがオススメです。

 

あるものを上手に使う

 

紬のような正絹のきものは女性の憧れではあるものの、お値段も少しお高め。
お母様やお祖母さまの帯小物などあるもので上手にコーディネイトすることも大切です。

紬の柄自体シンプルなものが多いため、色柄によっては多少派手目なアンティークの帯などと合わせるのもとてもオシャレです。

 

上品な立ち振る舞いを心がける上品な立ち振る舞いを心がける

 

襟元(えりもと)もあけすぎず、品のいい装いを心がけましょう。 また、袖(そで)や裾(すそ)、帯など洋装のときと違いを踏まえて立ち振る舞うことで、品のいい大人の女性の雰囲気を出すことが出来ます。

出掛ける場所に応じた最低限のマナーをしっかりと把握しておきましょう。

 

シェアするTweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone